--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2015.07.31

そこはかとない不安

予告していたものとは全く違う内容と写真でお送りいたします。

最近、色んな意味で精神的に限界である。
それを隠しながら(ポロポロとこぼれ落ちていてちっとも隠せていないけど笑)
マイペースにブログを更新し続けていたがもう限界である。
こういう時は吐いてしまうに限る。

実は妻が妊娠した。
まだ4ヶ月目なので、あまり人に言いふらす時期でもないとは思うけど、
安定期は目前なので、ちょっとフライング気味なくらいということで。

実は、二人きりの生活に踏ん切りをつけるためのクロアチア旅行だったわけで、
そろそろ子供ができる気はしていたし、嬉しいことなんだけど。
それ以来日々不安が募り、押しつぶされそうになっている。

妻の体調。
うちの妻はつわりが結構酷く、4ヶ月目になっても収まる気配がない。
食べ物はあまり食べられない。
体力もほとんどないのですぐに動けなくなる。
それでも仕事はどうしても続けたいらしく、仕事で全てのエネルギーを使って帰ってきて、
家ではほとんど寝ている。
人にはそれぞれこだわりがあるから、それを受け入れるのも家族としての勤めだと思うけど、
家庭で自分がより一層頑張らないと回らない状況になってしまった。
しかし、自分には仕事が…

仕事人間になりたいわけでもなく、むしろ仕事人間だった父親が大嫌いだった自分だが、
気がついたら仕事に忙殺される日々が続いている。
別に出世とか望んでるわけではないが、他の人よりも少し真面目に、新しいことにも恐れずに取り組んでいただけなんだけど、
すごい勢いで任される仕事の量が多くなり、まともな時間に家に帰れなくなってしまった。

夜遅くに帰って、それから家事もして…
1日何時間働いているんだろうなあ。
自分は奴隷なんじゃないかな。

そしてご飯もろくに食べられず、思ったように体も動かせず、ストレスを溜めまくっている妻。
話も聞いてくれないとご機嫌斜め。
確かに妻が起きている時間に家にも帰らず申し訳ないんだけど…
かと言って、妻の調子が悪いからと言って簡単に帰らせてくれる程、日本の会社は理解があるわけではないのだ。
男は外で働き、女が家を守る。まだそんな古臭い価値観が漂っているので、
帰ろうとすると風当たりが厳しい。
仕事も片付けてもいないのに何を言っているのかという風潮。
いやいや、普通の人に与えられている仕事量ならばとっくにこなしてますがな。
理不尽なくらいの量を一人に押し付けているから終わらないんでしょうが。
残念ながら、やれる人間が他の人の分まで仕事を片付けるのは日本の常識らしい。
平等でもなんでもない、理不尽の塊である。
そりゃ誰も頑張らなくなるわ。

妻はストレスを溜め続け、自分に当たってくる。
自分だって限界を超えて降り注いでくる仕事に耐え切れず、精神崩壊しそうになっているのに。
かと言って、自分の代わりに子供を守ってくれて苦しい思いをしてくれている妻に当たるわけにも行かず、
自分は全包囲されてボコボコにされている状態である。
よく壊れないなって思う。
いや、もう壊れている。
全てを捨てて逃げ出したいって思ってるし。

こんな人間が子供の父親になれるのだろうか。
ますます自信がなくなってくるし不安だらけだ。
妻も守り子供も守る。
そんなことができている人たちはかっこいい。
その仲間入りできるのか?
こんなにボロボロになっている自分が?

…いはやは不安だらけである。
とりあえずそんな自分に言ってあげられることは、できることだけやろう。
もっとできるはずだって自分を追い詰めるのはやめよう。
誰かに何を言われても関係ない。
人間なんて、今日できたこと・やったことが全てだ。
何を言われたかなんて関係ない。
人間なんて皆無責任で、自分の言いたいことを人に言いまくってくる生き物だ。
自分もできもしないことを平気でね。
特に自分がいる三河なんて、口うるさくて言いたがりの集まりだ。
気にしていたらキリがない。

というわけで不安な気持ちと大丈夫という気持ちがぐるぐる回っているナベでした。
安定してブログを更新できている人って素晴らしいよね。
それだけ精神も安定しているってことなのかな?
僕には程遠い状況だ。
まあ良い。
人は人。
自分はできることをやるだけだ。

2015/7/31
LEICA M9+SUMMILUX-M f1.4/50mm ASPH.

以上、ブログが更新できていない言い訳でした。

にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

Posted at 10:42 | M9 | COM(2) | TB(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。