--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2011.03.10

現実逃避

今日は痛車特集。
と言っても2台しかないけど。

2011/3/10_1
FUJIFILM FINEPIX X100

タマ姉たまんねぇ。

2011/3/10_2
FUJIFILM FINEPIX X100

キラッ☆

2011/3/10_3
FUJIFILM FINEPIX X100

こんなところにアルトがいた。

時々、現実がたまらなく嫌になるときがありますね。
たまには二次元に浸りたい。

規定の残業時間を越えると問診票を提出しなければならないのですが、
ここんとこ、提出すると必ず医局から「診察しますが来ますか?」
という案内が来てまして、ずっと無視というか、断り続けていました。
そしたらついにやってきたー。
医局からの呼び出し。
第一声が「あなたの問診票の結果は異常です。正常な人はこんなこと書かない。」
と言われました。
長年生きてるんだから、自分が異常なことくらい分かっとるわい。
何を今更。

「何があなたをそんなにさせるのですか?聞かせてください。」
そりゃ時たま起こる発作みたいなもんだ。
誰だってたまには二次元が良くなる時もあろう。
あ、違うって?

「会社としては、あなたに倒れられて全く働けなくなってしまうよりも、残業を規制してでも
8時間きっちり働いてもらった方が嬉しいのです。」
さすが、世の中はドライですね。会社なんかに善人ぶられても嬉しくないですからね。
本音で話してくれる分だけ、この人は信用できる。

「上司にお願いするのではなく、業務命令として残業規制をすることが出来るので、
あなたにデメリットはありません。」
いやいや、お金稼げなくなるやん。とか考える以前に、部署を異動せずにこのまま残業できなくなると、
かえって自分が苦しくなるだけで、メリットが見出せません。

と言うことで、当然「残業規制は必要ないです。まだまだ頑張れます。」
と答えてしまいました。
「危険を感じたらいつでも診察に来てもらって、残業も規制できるので、取り返しの付かなくなる前に言ってください。」
と言われたので最悪逃げてしまっても良いかもですが。
とりあえず、自分の身を守れるのは自分だけだと再認識しました。

さてさて、ひとまずこれでX100で撮った写真は放出してしまいました。
変なイベントに行っただけだからまともな写真がありませんでした。
ならば今週末撮りにと言いたいところですが、今週末は会社の慰安旅行のため、
X100はお預けです。
あんなイベントにX100なぞ持っていけない。
使い慣れたDP2こそ相応しいでしょう。
来週末は個人的な旅行なので、その時こそは必ず!

にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト


この記事へのトラックバックURL
http://noisyhameln.blog102.fc2.com/tb.php/192-22529428
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。