--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2011.08.19

NEWカメラ&レンズ

新しいレンズを買ってしまった。
フォクトレンダーのSUPER WIDE-HELIAR 15mm F4.5 Aspherical IIという超広角レンズ。

2011/8/19_1
FUJIFILM FINEPIX X100

Mマウントのレンズなので、これを装着できるカメラは
今持っているものだとLeica M6(フィルムカメラ)のみ。
持っているレンズで一番広角のレンズが18mmだけど、APS-C専用なので、
実質フルサイズに換算すると27mmくらいだった。
それが一気に15mmになったから世界が変わり過ぎである。

ただ、問題が一つだけ。
M6には35mmまでのファインダーしかない。
要するに、どんな写真が撮れるか、レンズにどんな像が写っているか
分からないどころか想像もできないのだ。
じゃあなんでそんなレンズ買ったんだ、対応するファインダーも買えよ
ということになるんだけれど、それは実はこいつに装着するためだった。

2011/8/19_2
FUJIFILM FINEPIX X100

あれ、このカメラおかしくない?
レンズも付いていないし、つーかカメラなの?これ?
という声も聞こえてきそうな状態の写真。
このカメラ(もどき)、RICOHのGXRというカメラである。
画期的なカメラで、普通の一眼レフはレンズを交換するんだけど、
こいつはレンズと撮像素子がセットになったユニットごと装着するのだ。
そして、僕はまだそのユニットを一つも持っていない。
だからこんな無残な状態である。
今度9月9日に、Mマウントレンズを装着できるようになるマウントユニットが出る。
そのためにGXRも、SWHも準備したのだ。
全ては今までフィルムカメラでしか使っていなかったMマウントレンズを
デジタルカメラで使えるようにするために!
今までもそういうデジカメはあったけど、
異常に高かったり、オマケでできるだけだったり。
こいつは違う、マニアによるマニアのためのお求め安い価格のカメラなのだ。
…ちょっと興奮しすぎた(笑)

とにかく、今からワクテカしながら9月9日を待つ。
と言うのも寂しいので、ファインダーが無いとはいえ、
適当に200円でカラーネガフィルムを買い、M6に入れて大須で撮影してみた。
そして、1時間足らずで現像してもらい、ネガをスキャナーに取り込み電子データに。
こんな写真が撮れたよ。

2011/8/19_3
LEICA M6+SUPER WIDE-HELIAR 15mm F4.5 Aspherical II

なんか、パッと見普通の写真だけど、よく見ると人間の目ではカバーしきれないくらいの
広範囲をカバーしている写真になってる。
これが超広角レンズかー!
GXRもAPS-Cなので、15mmではなく、1.5倍の22.5mmになってしまうんだけど、
それでも超広角の部類。
むしろ、ライブビューで確認できたり、残り枚数を気にせず撮れるという恩恵を活かすんだ!
非常にワクテカしてきた!!

今日で長かった夏休みも終わり。
昨日と今日、夏休みの最後の2日間は何故か大須で過ごしてしまった。
名物のスッポンラーメンも食べてしまった。
PVで大須商店街が使われているSKE48の「バンザイVenus」も買ってしまった。
大須三昧というか何というか。
GXRの初めての撮影も、大須に行くんだ!
何となく…(笑)

にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト


この記事へのトラックバックURL
http://noisyhameln.blog102.fc2.com/tb.php/251-996dafc9
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。