--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2011.09.11

GXR MOUNT A12 + SUPER WIDE-HELIAR 15mm F4.5 Aspherical II

タイトル超ながっ!

2011/9/11_1


今日は3本目のレンズ、「SUPER WIDE-HELIAR 15mm F4.5 Aspherical II」の写真をアップ。
このレンズは超広角レンズで被写界深度が広く、開放でもほぼパンフォーカス。
要するに、自分の目に見えていないところも写ってしまうし、写ったもの全てに
ピントが合ってしまうということ。
何を撮ろうとしているか分からない写真を量産しかねないと言うことだ。
だけど、ピントを合わせる必要がないということは利点もある。
構えればすぐにシャッターを切れる。
シャッターチャンスには強い。
そういうつもりでGXRに付けるためにこのレンズを買った。

2011/9/11_2
RICOH GXR+SUPER WIDE-HELIAR 15mm F4.5 Aspherical II

2011/9/11_3
RICOH GXR+SUPER WIDE-HELIAR 15mm F4.5 Aspherical II

2011/9/11_4
RICOH GXR+SUPER WIDE-HELIAR 15mm F4.5 Aspherical II

15mmのレンズだけど、GXRに付けると約22.5mmになるので、よりスナップ向けになるのかな。
何を根拠に言ってるのか分からないけど。
森山大道氏も21mmを使ったりもしているようだし、ありっちゃありなんだろう。
ボーっとしていると自分でも何が撮りたいのかさっぱり分からなくなるそんなレンズ。
広角を活かした写真ってのがどういうものなのか勉強不足で分からないけど、
いつか撮れる様になりたいな。

これで自分が持っている3本のレンズについては紹介が完了。
たった3本だけど、うまい具合に15mm、35mm、50mm(22.5mm、50mm、75mm)とバラけててくれるので、
3つを組み合わせれば大抵のスナップ写真なら撮れるだろう。
何も考えずに3本買ったけど、我ながら天晴れな選択だ。
ただ、常用したいのはズミクロンかな。
50mmという画角、意外と楽しいし、色ノリも良い。
だけど、冷静になってみると、写りと言う意味では専用設計のA12 50mm F2.5 MACROにきっと負けるんだろうな。
僕の腐った目では、きっと分からないけど。
それなら、より思い入れのあるレンズで楽しく写真を撮った方が、色んな意味でお得なんだろう。

さて、明日からは通常運転。
残った写真でも放出しつつ、次の休みはどこにいくか考えるとするか。

にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト


この記事へのトラックバックURL
http://noisyhameln.blog102.fc2.com/tb.php/265-d9fe628c
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
ナベさん こんばんは(^-^)
またまた癒されに参りました!お邪魔しま~す。
『カメラ』…なんだか奥の深い機械なのですね~恥ずかしながら私、専門用語がちんぷんかんぷんなのですが…
とても勉強になります(^ヘ^)v一つ一つに特徴、性格があるのですね(*^_^*)スゴイ!
その個性あるカメラを使いこなしているナベさん!尊敬しちゃいます(*'-^)-☆
…私は簡単なデヂカメしか使いこなせませんが
又 写真☆撮りに行きたい気持ちがわいて来ましたd(^O^)b
キレイな風景でも見付けに行こうかな~
…ナベさんの写真見てたら 無性に大須に行きたくなっちゃったよぉ(^_^;
Posted by しんママ at 2011.09.11 22:27 | 編集
>しんママさん
こんばんは、コメントありがとうございます。
大須、写真を撮りに行くのにもってこいな場所です。
特に、大須観音のハト!
あれほど良い被写体は存在しませんよ。
是非、ご家族で行ってみてください。
Posted by ナベ at 2011.09.13 21:55 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。