--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2010.04.20

LEICA M6 その2

M6で撮った写真を見てみると…
う~ん、露出が微妙な写真が多いことに気付きます。
普段はDP2のラティチュードの広さに頼り切って、
ある程度露出が微妙でも現像の時に弄ってるのが問題なんですかね。
ネガフィルムのラティチュードも十分に広いはずなので、
現像を自分でやらないことが問題なのでしょうか。

とりあえず、後10本フィルムを使い切るまでには
それなりに露出がバッチリの写真を撮れる様になりたいと思います。


清水
LEICA M6 + SUMMICRON-M 35mm F/2 ASPH

と言うわけで、京都旅行でM6で撮った写真第1弾。
古いお寺とかはフィルムで撮った写真の方が何故か雰囲気が出るんですよね。
それ以上に左端の人の微笑み具合が、ご飯のおかず1品減らしてしまう程度に気になります(笑)

にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト


この記事へのトラックバックURL
http://noisyhameln.blog102.fc2.com/tb.php/42-ce44575e
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。