--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2013.04.23

良い事ばかりは続かない…

人生良い事ばかりは続かない。
分かっていたはずだが、それにしても運命は残酷だと思う。
金曜日、土曜日と、念願のディズニーリゾートに行って、日曜日の朝にブログを更新して、
幸せな気分に浸っていた矢先、訃報が飛び込んできた。
父方の祖母が亡くなったというのだ。
足は悪かったが病気をしていたわけでもなく、元気だと思っていた祖母が突然に、である。
同様を隠せないまま、公休を貰って実家に駆けつけた。

柩の中の祖母は穏やかな顔をしていた。
ホントに苦しむことなく、老衰のように静かに息を引き取ったらしい。
そこだけはせめてもの救いだ。
そう自分に言い聞かせて通夜、葬儀を迎えた。

…何かが自分の中で引っかかっていた。
だけど、それが何か分からなかった。
葬儀を終えて火葬場に行った辺りから心のザワつきを感じた。
そして、火葬が終わって骨になった祖母を見て、感情が一気に吹き出してきた。

小さい頃からずっと可愛がってくれた祖母。
父の実家に帰ったときはいつも遊んでもらったと思う。
だけど、自分が中学、高校と進んでいくうちに疎遠になっていた。
と言うより距離を置くようになっていた。
思春期特有の照れくささだったり、気持ちを伝えるのがあまり器用ではない祖母との
小さい確執のようなものがあったり、理由は色々あるのだが、ずっと疎遠だった。
就職してから何度か話したのは覚えている。
だけど、ほとんど顔を見せただけ状態。
あまり長くは話さなかった。
大きい企業に就職出来たことを喜んでもらったのは覚えているが…

何でもっと話さなかったんだろう。
何で可愛がってもらったお礼を言わなかったんだろう。
自分で稼いだお金で旅行とか連れて行ってあげたかった。
ずっと距離を置いていたし、バツが悪かった。
そんなん言い訳だ。
自分が就職してすぐに祖母が足を悪くして動けなかった。
そんなん言い訳だ。
自分はなんて酷い奴なんだろう。
何もしなかったから、祖母は骨になってしまったではないか。

何だかんだで、無事に初七日法要も終わり、家に帰ってきてからもずっとモヤモヤしている。
ずっと虚しさを引きずっている。
自分はどうするべきだったんだろうか?



2013/4/23
LEICA M9+SUMMILUX 50mm F1.4

記事の内容が暗くて重かったので、写真だけは明るいものをチョイス。
この写真、ディズニーの夢の国っぷりを醸し出していて、良いのではないかと自画自賛している。
撮れたときは幸せの絶頂だったんだけどなあ…

しばらく立ち上がれそうにない。

にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト


この記事へのトラックバックURL
http://noisyhameln.blog102.fc2.com/tb.php/524-ce4d5b8d
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
この世界からいなくなった人
その人を忘れないこと
それが 私には 一番良いことかと思っています
私は 事情があり 祖母に育てられたようなものです
その祖母が なくなり よく 夢をみます
祖母の背中を探して すがるように 追うのですが
祖母に近づくことが出来ません
自分の泣く声で目が覚めます
枕は 涙で濡れています
枕カバーは 洗えますが 枕は洗えません
私の枕は 涙の染みで一杯です
やはり 後悔することばかりです
最後の車椅子を 私が押したのは 桜が咲く場所
心ばかりの祖母のための お花見でした
その時の祖母の言葉 「桜綺麗だね」
車椅子に座り 両手を広げて 子供のように
散った 桜の花びらを受けていました
生涯 忘れることなど 出来ないでしょう
まだ 歩けた頃 TDLに一回だけ 連れていくことが出来ました
亡くなる寸前まで 「ディズニー行ったね 行ったね」と言っていました
もっと 色々な処へ連れて行ってあげるべきだったと思っています
今 こうして書いていて涙が 溢れて 溢れてとまりません
私が桜が好きなのは 祖母の想い出と重なるからでしょう
Posted by 香月 りら at 2013.04.24 20:28 | 編集
>りらさん
誰もが悲しみを背負って生きてるんですね。
りらさんの辛い記憶、思い出させてしまって申し訳ないです。
そしてそれをここに書くこと。
辛かったでしょう?
だけど同じ悲しみを背負っている人が他にもいることを示してくれた、
りらさんの優しさなのかなと思ってます。
ホント、いつも優しいね…

コメントもいつもありがとう!
Posted by ナベ at 2013.04.29 23:26 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。