--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2014.05.27

奈良(その2)

2014/5/27
LEICA M9+SUMMILUX-M f1.4/50mm ASPH.

いきなり自分的最強のおすすめの場所登場。
"浮見堂"である。
はっきり言って、ここを知っている人はめちゃくちゃ少ないのではないだろうか。

今回奈良公園の自分的スポットを嫁に案内した。
一番最初に立ち寄ったのは飛火野。
知る人ぞ知る、鹿が集まる場所。
ただのだだっ広い野原なんだけど、大量の鹿が集まってきて、ちゃんとした餌をもらうんだよね。
鹿せんべいとかじゃなくて、管理者が与えるちゃんとした餌ね。
飛火野も結構マイナーだとは思うけど、それでもまだ知っている人は多いと思う。

次に訪れたのがこの浮見堂。
観光客はゼロ。
そこにいたのは遠足か何かで来ている地元の小学生と、散歩している地元っぽいおじいさんおばあさんのみ。
ここは非常に景観が良い。
のんびりできるスポットだ。
それでいて人がいない。
京都だと、どこも人が多すぎてゆっくりできないでしょ。
ここはゆっくりできる。

こんな場所を訪れないなんて、世間の観光客はどうなっているのだろうか。

にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト


この記事へのトラックバックURL
http://noisyhameln.blog102.fc2.com/tb.php/688-1fc16926
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
ナベさん

浮見堂
とても風情があります
ナベさんが気に入る気持ち よく分かります
水辺に反映する・・・
浮見堂と緑
美しいですね
暫し見とれました
Posted by 香月 りら at 2014.05.27 21:25 | 編集
>りらさん
写真って不思議な力がありますね。
この写真、今見ても心が落ち着くんです。
思い出を蘇らせる力なんでしょうか。
これだから写真はやめられません。

りらさんにも僕のお気に入りの場所気に入っていただけてホントに嬉しいです。
Posted by ナベ at 2014.05.31 10:17 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。